敏感肌の原因の一つに、肌と衣類との摩擦があります。

「衣服圧」という言葉をご存じでしょうか。
皮膚にかかる摩擦の力に関する調査結果によると衣類は、
着ているだけで肌に負担がかかっているのだそうです。
その圧が、一番大きいのが背中で
手の平に10キロ分のお米の袋を乗せたぐらいの圧がかかるとのこと。
– http://www.skincare-univ.com/

服選びは好みやデザインを優先させたいところですが、
摩擦による肌への刺激を軽減するためにも、
素材選びが重要です。
基本的には肌触りのよいものを選びましょう。

clothing-964878_640

おすすめは天然繊維

敏感肌の方におすすめな素材は、
なんといっても天然繊維で出来ているもの。

天然繊維とは、植物や動物など自然界で生まれる繊維のことで、
綿、麻、シルク、カシミヤ、ウールなどを指します。

直接肌に触れる下着で肌がかゆくなる方には、
肌触りの良いシルク素材が、個人的にはおすすめです。
シルクは、肌にあたったときの衝撃が一番少ないそうです。

ウール素材は要注意

ここまで天然繊維をおすすめしてきましたが、
敏感肌にはウール素材はおすすめできません。
ウールの太い繊維がチクチクと肌を刺激して、
かゆみが止まらなくなってしまいます。

wool-1313994_640

ウール素材のニットなどを切る場合は、
インナーに綿素材のカットソーを着るなどして
チクチクする素材を直接肌に触れさせないようにしましょう。

マフラーも、薄手のネックウォーマーの上から巻くなどして
肌への刺激を防いでみてください。

私は「ネックウォーマー+マフラー」のひと手間が面倒で、
肌に優しいファリエロサルティのストールを使っています。
店長さんも敏感肌だそうで、
いろいろ相談しながら購入できました。
ファリエロサルティ|falierosartiのストール通販【ファリエロサルティスト】

化学繊維は摩擦が強く、肌を傷つけやすい

化学繊維(ナイロン、ポリエステル、アクリルなど)は、
肌を乾燥させたり静電気も起きやすい素材。

肌のかゆみを引き起こす原因になるので
なるべく避けたいところですが、
最近は多く出回っているので、
全てを排除していてはオシャレを楽しめませんよね。

そんなときは、肌に直接触れる下着や靴下だけでも
天然繊維のものを選ぶといいと思います。

服のタグはすぐに取ろう

敏感肌ではない人でも、
タグの刺激で肌がかゆくなることが多々あります。
敏感肌のひとなら、なおさら!
タグは買ったら必ずはさみで切り取りましょう。